HOME字光式で行こう! > 字光式ナンバープレートの歴史を知ろう
幸せナンバー物語
お問合せ
ROHS適合品 あなたにやさしく、地球に優しいエルブライト

字光式ナンバープレートの歴史を知ろう

「字光式ナンバープレート」とは?


「字光式ナンバープレート」とは、ナンバープレートの数字や文字が光って見えるナンバープレートのことです。字光式専用のナンバープレートを取得するには、運輸支局内の交付代行者で申請が必要となります。また現在使用しているナンバープレート(ペイント式のナンバープレート)を字光式ナンバープレートにする場合は、字光式専用ナンバープレートとあわせて、「字光式照明器具」が必要となります。詳しくはお近くのディーラーまたは運輸支局内交付代行者にお問い合わせください。


スタートは雪国での"雪溶かし"


そもそも字光式ナンバーとは、日本独自のものです。字光式ナンバーは、当時において、雪でナンバープレートが見えなくなってしまう問題を解消するべく、1970年北海道で始めて導入されました。
当時は、ナンバープレートに付着した雪を、行灯(あんどん)式ナンバーの電球熱で溶かす目的として利用されていました。


当時の問題は「厚み」。装着できない場合もありました。


当時の字光式ナンバープレートは、プレート内に照明装置である「電球」が仕込まれていたために、厚みは36mmもありました。そのため、バックモニターを装着していると、出っ張った字光式ナンバープレートが画面に移りこんでしまったり、ハッチを開けるフックに指を入れ難かったりと、車両状況よっては装着できない場合がありました。

現在販売されている字光式ナンバープレートの大部分が薄くなっていますので、厚さ20mm以下の字光式ナンバープレートであれば、バックモニターへの干渉や、車種によって装着できない、または物理的に不都合がある等の問題は、ほとんどなくなっています。


軽自動車用が登場


2002年になると、軽自動車の字光式ナンバープレートの導入が開始されました。軽自動車の場合、ナンバーの文字色は黒ですので、文字の輪郭が透明に抜かれて後光を持たせる構造になっています。現在では、全国の軽自動車のナンバーを交付できる運輸支局内の交付代行者で取得することが可能になっています。


LED式製品への高い注目度


昨今のLED化の波は、字光式ナンバープレートにもやってきました。LEDタイプは、これまでの小型電球や小型蛍光管(冷陰極管)タイプで起こっていた、電球交換や他機器へのノイズ影響などの問題を解決するだけでなく、直線的な明るさによるナンバーの視認性向上、その他、電力消費の削減などが改善されています。



しかし多くの機能的メリットをもつLEDタイプの字光式ナンバープレートですが、価格の部分ではまだ問題があります。電気機器ですので、水による故障も考えられます。購入時、また万が一の故障時の費用負担は、他の字光式ナンバープレート製品と比べると、高額と言わざるを得ませんでした。

『LED字光式照明器具 エルブライト®』シリーズは、購入時の価格は、これまでのLEDタイプの製品とは比べ物にならないくらいの低価格に、また万が一の故障時の費用負担は、光源部分を交換できる機能を採用しましたので、故障時費用を大幅に抑えるだけでなく、修理完了までの時間短縮を実現します。

>> 『LED字光式照明器具 エルブライト®』シリーズ製品紹介のページへ


※本内容は、字光式ナンバープレート一般の内容です。