HOME字光式照明器具の価格と性能の根拠
字光式照明器具の価格と性能の根拠
お問合せ
ROHS適合品 あなたにやさしく、地球に優しいエルブライト

字光式照明器具の価格と性能の根拠

価格と性能の根拠(前編)

自動車に興味がある人なら夜間走行中に、一度は光るナンバープレートで走行している自動車に目を奪われたことがあるのではないでしょうか。
真っ暗な暗闇の中、前を走る車のテールランプに挟まれた車のナンバーは緑色に鮮やかに光って、ナンバーが美しく浮かび上がって見えます。
字光式ナンバー、と一般的な呼び名ですが、これを愛車に装着するためには字光式専用のナンバープレートと文字を光らせる器具、字光式照明器具をそれぞれ購入しなければなりません。
いまどきの字光式はどうなっているのだろう、字光式照明器具の価格はいくらくらいだろう?と思ってネットで調べてみた人も多いかと思います。ディーラーに尋ねる人も多いかと思いますが、すぐ調べられるネットは便利な情報源です。


たいていの人はネット通販などで売られている価格と運輸支局内で扱うナンバープレートの交付をする窓口では大きな金額の差があることにすぐに気がつくことでしょう。
ネット通販では前後2枚合計4,000円程度で売られている製品もあるようです。厚さも極端に薄いものでは1mm程度の厚さの製品もあるようです。
それに対して運輸支局内のナンバープレートを取り扱う窓口(場所によってはナンバーセンターと呼んだり、ナンバー交付所、と呼ばれたりしています)では、デザインや光源の違いよって値段もまちまちですが、光源がLEDであれば1枚で1万円前後ではないでしょうか。製品の厚みもネットで売られているような数ミリ程度ではなく、専用枠の装着の有無にもよりますが、おおよそ10ミリ前後が一般的な厚みとなっていて、ネットで売られているような薄さはまだ扱われていないようです。
運輸支局内の交付窓口の製品とは、どのようなものなのか、これから字光式ナンバーの装着を検討されている皆様の情報の一つとして、字光式製品がどのようなものなのかを少しだけご紹介したいと思います。

字光式ナンバーは、一般的なペイント式のナンバープレートと同様、道路交通法に基づく性能と機能を持つものであるので、字光式照明器具も道路運送車両法施行規則第11条第3項及び道路運送車両の保安基準36条に規定する基準の整合するものと確認されたものが交付窓口では取り扱われているのです。
つまり、これらの基準に適合しているかを指定される検査機関で検査を受け、これを確認された製品である、ということです。(以前は国土交通省が試験に適合したものを認可する制度でしたが、現在は指定機関の認定と替わっています。)

では、どのような試験であるのか、関係機関などにご迷惑にならない程度、少しだけ紹介したいと思います。

・・・次回に続く

(特集:字光式照明器具の価格と性能の根拠 2014年4月)